ソーシャルランチ OB訪問できる就活サービス 厳選された社会人にOB訪問できる就活支援コミュニティ

資格を取得すれば就活で有利は嘘!?

就活の本格開始に近づくにつれ、今までバイトやサークルに力を注いでいたけれど、何かアピールすることが欲しいと考え資格の取得を目指す学生が増えてきていることだと思います。

「今から勉強して何でもいいから資格を取得した方がいいの?」と悩んでいる学生の方も多いと思います。
しかし、とりあえず資格を取っておこうという気持ちだと取らない方がいいです。
なぜなら企業側は資格の有無を採用に結びつけている訳ではないからです。

資格を取得する意味を間違っている

資格マニア

どこでも存在する資格マニアです。
資格マニアは目的はなく、資格を取得することに生きがいを感じている人が多いので、あまりマネをすることはお薦めできません。
趣味という枠組みで資格を取得する分には問題はないでしょう。

就活でアピールするために資格を取得

一番多いのがこのタイプです。資格の目的を就活を有利に進めようとして取得を目指すタイプです。
何が間違っているかというと資格取得の目的を「自分の進みたいキャリアにそのスキルが必要」ではなく、「就活でアピールできそうだから」としている点です。
つまり順序が逆転しているのです。
これが、なぜよくないかを説明していきたいと思います。

なぜ就活目的ならば資格を取得しない方がいいのか

仕事にどう活かしたいのかが理解できていない

企業側からすれば、資格をなぜ取得したのか、それをどういう風に活かせると思っているかが知りたい部分なのです。
単に周りが資格を取っているからという理由で資格を取得したとしても、資格について面接で聞かれることがあるならば、どういうことを思いあなたがその資格を取得しようと思ったかの動機部分です。
深く考えずに取得していたり、なんとなく分かっているけれど具体的にと聞かれると、どう答えればいいのか分からないということになると思います。
面接官は何人もこういった学生と出会っているので、ちゃんとした理由がなければ気付きます。

実務経験がない

資格は取得したけれど、実際の実務経験がないという学生がほとんどだと思います。
机上の空論とまでは言いませんが、資格を持っていても実際に経験した訳ではない経験を本当に実務でやれるのかという点には誰もが疑問を抱くでしょう。
仮に実務経験があるならば即戦力として期待されるので、就活においてその経験は有利に進むでしょう。

他の学生と比較ができない

学生が取ることができる資格には、年齢的にも時間的にも限界があります。
そうなると、あなたが取得した資格を持っている学生は全国には多くいます。
つまり他の学生との比較のポイントにならないのです。
仮に中小企業診断士、TOEICが900点超、公認会計士などの難関といわれる資格なら多少の評価はあるでしょう。
ここで評価されるのは、難関資格のためにそれだけ努力できる人間なのだなという点です。

企業が評価するのは

あなた自身の人間性や将来性です。
性格的にこの会社に合っているので、一緒に働いてみたい、将来的にこの子は伸びる可能性がある、などのあなた自身を見ています。
もし現時点で知識が足りていなければ、入社してからの研修期間で学ぶことができますし、資格が必要な場面になれば、それ相応の時間が与えられます。
特に目的がなく、資格を取得しようと考えているのならば、
その時間であなたの内面を磨き魅力的な人間になれるように努力しましょう。

おまけ

とはいえ、資格はとっておいて損はないのも事実です。
評価が上がることはないけれど、純粋に自分の知識を蓄えたいという学生もいると思います。
そういった方にお薦めの資格を紹介したいと思います。

普通自動車運転免許

地方などに出張の際は欠かすことのできないものが車です。
上司の方を乗せ、あなたが運転する状況も訪れるでしょう。
免許を取得するまでに意外と時間がかかるので学生のうちに是非とっておくべきです。

TOEICなどの英語の資格

国内の市場だけでは増益を望めないと考えた企業の多くが海外に進出しています。
楽天などの企業では社内での公用語を英語にするなど英語の重要性が高まっています。
勉強をしていて損をすることはないですね。
日系企業なら550〜600点、外資系企業だと700〜750点を目安に頑張ってみましょう。

MOSなどのパソコン技術

今の時代では、どんな業種、会社にしろパソコンを使わずに過ごすことは不可能になったと言われています。
最低限のことは使いこなせるように今のうちに取得するのもいいですね。

おわりに

資格はあるにこしたことはないけれど、あるからといって就活が有利に進むことはありません。
大事なのは、あなたの人間性です。
自分の長所などをしっかり把握し、企業の方に伝えきれるように努力しましょう。

『ソーシャルランチ』のOB訪問で自己PR力を磨こう!

次の記事:圧迫面接に隠された意味