ソーシャルランチ OB訪問できる就活サービス 厳選された社会人にOB訪問できる就活支援コミュニティ

OB訪問で絶対に聞いておくべき7つの質問

OB訪問で仕事について知るための質問

その仕事をする上で常に考えていることは何か

これは非常に重要なポイントです。

社員の方が仕事をする上で常に考えていることは、
「その仕事をするために必要な要素」だとも言えます。
自分が年中そのことに頭を悩ませていても大丈夫か、そういうことを考える仕事につきたいかなど、仕事を選ぶうえではかなり重要な軸になってきます。

一年と一日の仕事の流れについて

「○○の事業でトップ」であるとか、「企画を通してイベントを成功させる」など、仕事の内容について端的に説明されることは多いと思いますが、
具体的にどんな工程を踏んでいるのか、時間配分はどうなっているのか、一年間の繁忙期はどう変化するのかなど、そういった具体的なことに踏み込んで聞ける機会は多くありません
社会人の貴重な時間を頂いているからこそ、
これは本当に自分がしたい仕事なのか、具体的にイメージできるレベルまでお話を伺うことには価値があると思います。

仕事で悩んでいることは何か

説明会などでは華やかなお話が多く出てくるものです。
実はその裏に、過酷なノルマが設定されていたり、非常に淡々とした作業が待っているかもしれません。
自分があこがれる仕事を成し遂げるために何に悩んでいるのかを知れば、その仕事で重要なことや、仕事で苦しいことが分かってきます。
ある意味、悩みは仕事内容の最前線でもあります。
ここを聞いておくことで、仕事に対する理解を深める良い答えがもらえるはずです。

OB訪問で人となりについて知るための質問

職場の雰囲気はどんな感じか

定番中の定番ですが、やはりこれは聞き逃さないようにしておきたい質問です。
理系の学生だから頭を使いたい、と思ってシンクタンクに入ったら超体育会系体質だった!
なんてことのないように、どんな雰囲気で仕事をしていて、人となりがどのようになっているかなど、職場で自分が働くイメージがわくようなことを聞いてみましょう。

求められる人材はどのような人か

「適性のある人材はどのような人か」「実際に働いている人はどんな人が多いか」などの言い方で言い換えることもできると思います。
どんな人がその会社で必要とされ、どんな風になればその会社で働けるのか、ということを知ることは、
選考中だけでなく、その前の会社選びの段階でも重要なポイントです。

自分がその求められる人材に合致しているかどうか、現場の人がどんな人かというところと照らし合わせて考えてみると効果的だと思います。

次のページ:失敗せず仕事を選ぶために聞くべきこと