ソーシャルランチ OB訪問できる就活サービス 厳選された社会人にOB訪問できる就活支援コミュニティ

ライフネット生命出口会長が説く日本型採用システムの問題点

ライフネット生命出口社長が刺す:日本型採用システムの問題点 ソーシャルランチ主催で行われたイベント"キャリアサロン"にライフネット生命会長の出口氏がご登壇くださいました。
座談会は大盛況となり活発な議論が飛び交いました。
その座談会での出口氏の貴重なお話をご紹介いたします。

現状の新卒採用システムの問題点

出口氏は現状の採用システムに対して非常に疑問を感じておられます。
"グローバルスタンダードからの乖離"を指摘し、
高度経済成長期に機能していた現状の新卒採用システムは人口および経済成長率が停滞している昨今においては適合しないと述べています。

就職活動のグローバルスタンダードとは?

出口氏によれば、
「アメリカやヨーロッパなどでは、
企業が採用活動で学生を評価する際に最も重視するのは大学の成績である。
日本のように、大学での成績をほとんど考慮せず、
サークル活動やアルバイトの経験を重視する採用は極めて特異である
と言わざるをえない。」
そうです。

何故特異な採用スタイルになったのか?

高度経済成長期には経済自体が成長していたため、普通に経営していれば企業は大きくなっていきます。
そのような状況下では、企業は余計なことをせず型通りの仕事を出来る人材を出来る限り多く採用しようとします。
そのため企業はいわゆる"青田買い"を行い、
見た目が元気で真面目な学生をこぞって採用しました。
すなわち、従業員は特に新しいことを積極的に考える必要もなかったため、
採用活動においても勉学を通じて得られる頭の良さといった部分は重要視されなかったのです。

今の日本には適さない?

高度経済成長を経て日本は世界有数の経済大国となった今、もう他国を真似していれば成長できるという状況ではありません。
日本が世界市場で戦っていくためには、自分たちの頭で新しいサービスやビジネスを考えていかなければなりません。
したがって賢い頭脳を持った人材が必要であり、そういった人材を育成し、また採用していく必要があります。
その際に参考にすべきは、やはりアメリカや欧州諸国で長年行われている学業成績を重視する採用方法であると考えられます。

日本の学生は何故国際競争力がないのか。

日本の学生の国際競争力低下の要因として
"日本の大学教育は海外と比較して質が劣っているのではないか。
従来のような講義式の詰め込み教育ではなく、アメリカを見習って少人数でのディスカッションなどを取り入れていくべきではないか"といった議論が交わされていますが、

これに対して出口氏は、

"日本の大学教育に責任があるとは思わない。
そもそも日本の大学教育を詰め込み型だというのはおこがましい。(海外と比べ日本の大学は詰め込む知識量が圧倒的に劣っている)
企業が現在のような採用方式を続ける限り、
学生には勉学に対するモチベーションが生まれず、
そうなれば教授たちにも授業を良くしようというインセンティブが働かない。

全ての根源は企業の採用方式にある。"

と考えていらっしゃいます。

まとめ

上述の通り、高度経済成長期には機能していた日本型採用システムは現実にそぐわないものとなっています。 そのような現状に対して学生はどうするべきなのでしょうか。 次回は就職活動における大学生へのアドバイスを取り上げます。

『ソーシャルランチ』でグローバル企業の社会人にOB訪問しよう!

次の記事:ライフネット生命出口社長から大学生へのアドバイス