ソーシャルランチ OB訪問できる就活サービス 厳選された社会人にOB訪問できる就活支援コミュニティ

【オールアバウト人事、インタビュー】

月間3000万人もユーザーが使うネットメディア、オールアバウト。今回はこのオールアバウトで現役人事をされている、岡部氏にお話を伺いました。


岡部能直氏 株式会社オールアバウト 人事

2003年に入社以来、営業を中心にキャリア積み、現在は人事グループのマネジャーとして新卒採用、中途採用をはじめとした採用活動や、社員研修、労務管理など、人事業務全般を担当。


オールアバウトではたらく魅力とは?

―― 現在の仕事内容について教えてください

新卒採用、中途採用、新人研修や労務周りなど、人事全般の業務をしています。

―― 仕事の面白味・やりがいを教えてください。

将来のオールアバウトを担う人材を採用・育成する仕事なので、今後のオールアバウトの成長を支える人的な資源を任されているところがやりがいです。

また、オールアバウトはサイト自体には約3,000万人のユーザーがいるものの、ユーザーの平均年齢が40歳前後なので、学生向けのコンテンツが少ないことも影響して、学生への知名度はすごく低いんです。
だからこそ、オールアバウトのビジネスモデルや、仕事のやりがい、会社の風土を学生のみなさんに伝えるところから始められるので、やりたいことはすごくたくさんあるし、そこで試行錯誤できる面白味があります。

そこでオールアバウトに興味を持ってくれた子が、ファーストキャリアとしてオールアバウトに入社し、ビジネスパーソンとして成長過程を見ていけるのも人事としてのやりがいです。

―― 貴社の強みはなんでしょうか?

まず、『人』だと思います。

特に人の良さ。中途面接を受けに来た方にも、「オールアバウトの社員の方は人が良いですよね」と結構言われます。
能力ももちろんですが、心根の良い人を採用していることも影響していると思います。
私が入社した当初、代表の江幡から書道で書かれた「謙虚」という言葉をもらったのですが、謙虚な姿勢とは、素直さや人の良さという部分にもつながっていて、職場も和気藹々としています。
円滑なコミュニケーションが出来たほうが仕事のスピードも早くなりますよね。

ビジネスの強みだと、専門家を850人以上抱えている独自性のあるサービスと、その資源を活用した新規ビジネスを生み出すポテンシャルが高いことだと思います。

様々なメディア、例えばテレビや新聞、雑誌などから専門家の問い合わせや出演依頼は年間2,500件を超えています。

―― 課題や弱みだなと思う部分ってありますか?

これまで総合情報サイト「All About」というメディアの拡大を重点的にやってきて、約3,000万人のユーザーを抱えるまでになっているのですが、All Aboutの次に続く有名なサービスがまだ作り切れてないなと思います。
そういった次なるビジネスを新しく作り出し育てていくことを、第二創業期を迎えたいまチャレンジしているところです。

そういう意味で、エネルギッシュな学生さんに志望してもらいたいですし、活躍してもらえるフィールドはすごくたくさん用意されていると思います。

―― オールアバウトで働いていてつらいなと思うことはありますか?

私は仕事を意味づけして楽しめる方なので、あんまり辛いと思うことがないんですね。
しかし、もどかしさを感じるところを強いて挙げると、
オールアバウトはまだ13年、14年しか経っていない会社なので、中はそんなシステマティックになってないところも多く、改善できる余地もたくさんあるし、やりたいことがどんどん出てくるんです。
現在は人事業務を2名でやっているので、やりたいことが非常に多くリストアップされているにも関わらず、リソースが足りずに全部やり切れないというところが、もどかしいですね。

『ソーシャルランチ』でベンチャー企業で活躍する社会人にOB訪問を!

次のページ:大手精密機械メーカーとネットベンチャー。2社を経験して感じたこと